舞妓募集に応募しよう|ドンキアルバイトで仕事が好きになる|仕事内容をチェック
5人の女性

ドンキアルバイトで仕事が好きになる|仕事内容をチェック

舞妓募集に応募しよう

履歴書

舞妓募集の現状と今後について考える

舞妓とは、京都などの花街で、踊りなどの芸事を行う職業です。将来的には、芸妓を目指す女性の、修行の期間です。長い歴史と伝統のある職業ですが、その状況は、大きく変化しています。昔は、10歳前後の子供が舞妓になっていましたが、戦後は、中学を卒業した15歳以上の女子しか舞妓になれなくなりました。舞妓で修業できる期間は大体二十歳までなので、多くの舞妓は、中卒や高校中退で志願します。しかし、厳しい修行に耐えて芸妓になれるのは一部であり、半数程度は舞妓の段階で辞めてしまいます。その場合は学歴が中卒になってしまうので、近年のほとんどが高卒以上の世の中では、非常に不利となってしまいます。そのような事情もあり、花街では舞妓募集をインターネットなどでも行うようになってきました。

今後の動向を考える

昔は、舞妓募集は縁故から行うのが主流でしたが、今は広くインターネットなどで舞妓募集を行っています。そのような募集に応募する人数は、日本の伝統へのあこがれや歴史ブームのためか、増加しています。また、昔はお得意さんのお座敷での仕事が中心でしたが、今は外国からの要人の接待や、いわゆる「一見さん」への接待など、仕事の幅も広がっています。しかし、舞妓の期間は、24時間住み込みで、先輩のおねえさんやおかみさんの指導を受ける厳しい生活のため、辞めていく人も多いのです。今後の課題は、離職率を減らし、優秀な舞妓を確保することです。そのためには、舞妓募集だけでなく、その教育方法や労働環境も改善することが必要かもしれません。